【成分解析】ロクシタン ファイブハーブス リペアリングシャンプー

成分の解析結果

シャンプーの成分から解析したシャンプーの特徴を紹介します。

解析結果は次の3つに分けています。

  1. シャンプーの特徴
  2. 頭皮ケア
  3. 髪の仕上がり

シャンプーの効果は配合する成分で大きく変わります。

このシャンプーが自分に合うのかしっかり確認しましょう。

シャンプーの特徴

安全性◯ ノンシリコン 洗浄力普通

頭皮ケア

保湿

髪の仕上がり

さらさら ダメージケア まとまる ハリ・コシ

注目するポイント

シャンプーで不満が多いのは次のポイントです。

こういった特徴はシャンプーの成分から読み取れるのでしっかりチェックしましょう。

注目ポイント
  • 洗浄力の強さ:強すぎ、弱すぎ
  • 頭皮への影響:乾燥する、ピリピリする
  • 髪の仕上がり:しっとりボリュームダウン、フワッとボリュームアップ
な人におすすめか

このシャンプーが合う人と合わない人を紹介します。

こんな人におすすめ

  • サラツヤ髪になりたい人
  • キューティクルを整えたい人
  • 乾燥ダメージを受けた髪を補修したい人

こんな人には向かない

  • 強い香りが苦手な人
    ロクシタン特有の香りがしっかりと残るため、香りが苦手な人には合わない。
  • 泡立ちの良さを求める人
    泡立ちの悪さを挙げる口コミが目立つ。 泡立ちのよいストレスフリーな洗い上がりを求める人には合わない。

口コミ

実際に使ったことがある人の口コミ評価を紹介します。

高評価の口コミ

  • しっとりからまない髪になる
  • 髪はふんわり、トップにボリュームが出る
  • ノンシリコンなのに泡立ちもふわふわで、根元がすっきり洗えてる気がする

低評価の口コミ

  • 複雑なハーブ臭がいつまでも残り、匂いがきつかった
  • 髪が一気にバサバサになり、静電気が凄くなった
  • 髪が硬くなった

製品の特徴

ロクシタンのファイブハーブス・リペアリングシャンプーは、天然由来の成分を厳選処方し、頭皮の健康と美しさをコンセプトに作られています。

天然オイル成分のアンジェリカが、髪の一本一本まで浸透し、硬めでゴワゴワした髪質の人にもおすすめです。

一方で、柔らかくて細い髪質の人は、ボリュームがなくなり、ぺったんこになるかもしれません。

お肌に優しい植物性の洗浄成分を採用し、髪をソフトで優しい仕上がりに整えるのが特徴です。

髪の毛の質を改善しながらサラツヤ髪をつくりたい人は、ロクシタンのファイブハーブス・リペアリングシャンプーを使うと良いでしょう。

シャンプーの特徴
  • ラベンダー、オレンジ、イランイランなど5つのエッセンシャルオイルを配合
  • 乾燥によるダメージを補修する
  • ソイプロテクトで髪をコーティングできる

成分リスト

このシャンプーに配合してある全成分と効果を紹介します。

  • 水:他成分を溶かし込むベース成分
  • ラウレス硫酸Na:洗浄剤
  • デシルグルコシド:洗浄剤
  • ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル:乳化剤
  • コカミドプロピルベタイン:髪の保護
  • ラウレス-2:安定剤
  • オレンジ油:肌の引き締め
  • ラベンダー油:香りづけ
  • ニオイテンジクアオイ花油:香りづけ
  • イランイラン花油:香りづけ
  • アンゼリカ根油:香りづけ
  • アンゼリカ種子油:香りづけ
  • アベナストリゴサ種子エキス:コンディショニング
  • ラバンデュラハイブリダ油:香りづけ
  • ポリクオタニウム-7:泡立ち向上
  • オレイン酸グリセリル:乳化剤
  • ヤシ油アルキルグルコシド:乳化剤
  • 安息香酸Na:防腐剤
  • ヒドロキシプロピルグアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド:静電気防止
  • クエン酸:PH調整
  • パンテノール:肌荒れ防止
  • グリセリン:保湿、感触向上
  • レシチン:肌荒れ防止
  • ソルビン酸K:防腐剤
  • クエン酸水添パーム油脂肪酸グリセリズ:保湿
  • トコフェロール:エイジングケア、肌荒れ防止
  • 香料:香りづけ

この製品と近いタイプのシャンプー

【成分解析】イズム(ISM)シャンプー

【成分解析】megami no wakka SHAMPOO

【成分解析】ミルボン ジェミールフラン シャンプー(ダイヤ) ふつう~硬毛用

【成分解析】いち髪 なめらかスムースケア シャンプー

【成分解析】ディアテック カウンセリングプレシャンプー