【成分解析】ロレアル パリ エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル ラクレム ラヴォン クレンジングクリーム しっとり

成分の解析結果

シャンプーの成分から解析したシャンプーの特徴を紹介します。

解析結果は次の3つに分けています。

  1. シャンプーの特徴
  2. 頭皮ケア
  3. 髪の仕上がり

シャンプーの効果は配合する成分で大きく変わります。

このシャンプーが自分に合うのかしっかり確認しましょう。

シャンプーの特徴

安全性◯ 弱酸性 ノンシリコン アミノ酸 やさしく洗浄

頭皮ケア

保湿

髪の仕上がり

しっとり ダメージケア まとまる

注目するポイント

シャンプーで不満が多いのは次のポイントです。

こういった特徴はシャンプーの成分から読み取れるのでしっかりチェックしましょう。

注目ポイント
  • 洗浄力の強さ:強すぎ、弱すぎ
  • 頭皮への影響:乾燥する、ピリピリする
  • 髪の仕上がり:しっとりボリュームダウン、フワッとボリュームアップ

どんな人におすすめか

このシャンプーが合う人と合わない人を紹介します。

こんな人におすすめ

  • 泡立たないクリームシャンプーを使いたい人
  • 摩擦によるダメージ、切れ毛が気になる人
  • コンディショナー・トリートメント不要のシャンプーを使いたい人

こんな人には向かない

  • 髪質が太め・多めな人
    乾かそうとするとギシギシして髪がほぐれない。乾かした後はペタッとして重たい。

口コミ

実際に使ったことがある人の口コミ評価を紹介します。

高評価の口コミ

  • 髪にツヤが出て、サラサラしっとりになった
  • トリートメントが必要なく、時短になる
  • メントール成分が入っていて、スースーする

低評価の口コミ

  • 効果があるのかわからなかった
  • 髪になかなか行き渡らず、シャンプーとして使えなかった
  • 頭皮にニキビのような吹き出物が出来た

製品の特徴

シャンプーの特徴
  • プレミアムオイル配合の泡なしクレンジングクリーム
  • しっとり、サラサラの仕上がり
  • 髪のひろがり、パサつきが気になる人におすすめ

ラヴォン は、これまでのシャンプーのように泡立てることで起こる摩擦のダメージを抑えたクレンジングです。

ノーシャンプー、つまりシャンプーを使わないのが、特徴です。

これ一本でクレンジング、コンディショナー、トリートメントのケアを行うことができます。

泡立てなくても、頭皮をしっかりとマッサージすることで、さっぱりと洗い上げることができます。

髪を乾かした後も、しっとりとしてまとまりやすくなります。

普段、髪がべたつきやすい人は、しっとりし過ぎて髪のボリュームがなくなってしまうかもしれません。

切れ毛や枝毛、髪のパサつきなど、ダメージが気になる人におすすめです。

商品名ロレアル パリ
エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル
ラ クレム ラヴォン クレンジングクリーム しっとり
公式サイトlorealparisjapan.jp
内容量440g
値段(税込み)1,512円

成分リスト

このシャンプーに配合してある全成分と効果を紹介します。

  • 水:他成分を溶かし込むベース成分
  • セテアリルアルコール:コンディショニング
  • アモジメチコン:コンディショニング
  • ベヘントリモニウムメトサルフェート:静電気防止
  • ベヘントリモニウムクロリド:静電気防止
  • カミツレ花エキス:美白
  • ヤシ油:保湿、抗菌
  • トコフェロール:エイジングケア、肌荒れ防止
  • ヒドロキシプロピルグアーガム:
  • フェノキシエタノール:防腐剤
  • トリデセス-6:
  • ヒマワリ種子油:保湿、髪を柔らかく保つ
  • ハス花エキス:
  • 安息香酸:
  • メントール:清涼感を与える
  • リナロール:
  • ベンジルアルコール:
  • アマ花エキス:香りづけ
  • イソプロパノール:溶剤
  • イソオイゲノール:
  • トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル:保湿、髪を柔らかく保つ
  • ガーデニアタヒテンシス花エキス:コンディショニング
  • カニナバラ花エキス:
  • ビサボロール:
  • 水酸化K:
  • BHT:酸化防止
  • セトリモニウムクロリド:
  • ヘキシルシンナマル:
  • ダイズ油:保湿、肌の活性化
  • 香料:香りづけ

この製品と近いタイプのシャンプー

【成分解析】ボタニカルシャンプーモイスト ボタニスト

【成分解析】モーガンズ ノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー (モイストアンドフォレスト)

【成分解析】モエモエシャンプー