【成分解析】アジエンス しっとり保湿タイプ シャンプー

成分の解析結果

シャンプーの成分から解析したシャンプーの特徴を紹介します。

解析結果は次の3つに分けています。

  1. シャンプーの特徴
  2. 頭皮ケア
  3. 髪の仕上がり

シャンプーの効果は配合する成分で大きく変わります。

このシャンプーが自分に合うのかしっかり確認しましょう。

シャンプーの特徴

安全性◯ 弱酸性 ノンシリコン アミノ酸 洗浄力普通

頭皮ケア

保湿

髪の仕上がり

しっとり まとまる

注目するポイント

シャンプーで不満が多いのは次のポイントです。

こういった特徴はシャンプーの成分から読み取れるのでしっかりチェックしましょう。

注目ポイント
  • 洗浄力の強さ:強すぎ、弱すぎ
  • 頭皮への影響:乾燥する、ピリピリする
  • 髪の仕上がり:しっとりボリュームダウン、フワッとボリュームアップ

どんな人におすすめか

このシャンプーが合う人と合わない人を紹介します。

こんな人におすすめ

  • 広がってまとまりにくい髪の人
  • 太く硬い髪質の人
  • 髪が絡まりやすい人

こんな人には向かない

  • 乾燥してパサついている猫毛の人
    頭皮のかゆみが気になった。また、頭皮の皮脂が重く感じるようになった。

口コミ

実際に使ったことがある人の口コミ評価を紹介します。

高評価の口コミ

  • 髪のパサつきと湿気による広がりの悩みが改善された
  • 使い始めてから髪がまとまりやすく、しなやかになった
  • 髪が硬くパサつきがちだが、こんなにしっとりしたのは初めて

低評価の口コミ

  • 洗浄力が強すぎる
  • シリコンが多く入っているからか、ゴワゴワになる
  • ジェルっぽいテクスチャーが髪に馴染みにくい

製品の特徴

シャンプーの特徴
  • うるおい持続成分配合のシャンプー
  • しっとり、まとまりのある仕上がり
  • 髪質が硬く、髪の広がりやごわつきが気になる人におすすめ

アジエンス しっとり保湿タイプは、柘榴や蜂蜜、真珠、アロエなどの成分が含まれており、髪の保湿を考えて作られたシャンプーです。

髪の表面だけでなく、髪の内部までしっかりと浸透、補修・保湿をするのが特徴で、やわらかでまとまりのある仕上がりになります。

乾燥からくる髪の広がりやごわつきが気になる人、髪質が硬くてお悩みの人におすすめです。

とても髪がしっとりするので、髪が細く、ぺたんとなってお悩みの方には向かないかもしれません。

髪のボリュームを出したい人は、「ふんわり弾力」のシャンプーを選ぶとよいでしょう。

商品名アジエンス
しっとり保湿タイプ シャンプー
公式サイトkao.co.jp
内容量450ml
値段(税込み)541円

成分リスト

このシャンプーに配合してある全成分と効果を紹介します。

  • 水:他成分を溶かし込むベース成分
  • ラウレス硫酸アンモニウム:洗浄剤
  • エタノール:溶剤、肌の引き締め
  • ジステアリン酸グリコール:外観調整
  • ラウレス-16:安定剤
  • ラウリルヒドロキシスルタイン:保湿、静電気防止
  • イソデシルグリセリルエーテル:
  • リンゴ酸:PH調整
  • ザクロエキス:
  • ハチミツ:保湿
  • 加水分解コンキオリン:保湿、肌荒れ防止
  • コハク酸:肌の引き締め
  • アロエベラ葉エキス:保湿、肌荒れ改善
  • ラノリン脂肪酸:洗浄剤
  • ヒマワリ種子油:保湿、髪を柔らかく保つ
  • ラウレス硫酸NA:洗浄剤
  • コカミドMEA:増泡、泡安定
  • グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド:静電気防止
  • ステアロキシプロピルジメチルアミン:
  • ジメチコン:髪の皮膜形成
  • ビスセテアリルアモジメチコン:
  • PPG-3カプリリルエーテル:溶剤
  • PPG-17:
  • ポリクオタニウム-10:静電気防止
  • ポリクオタニウム-52:コンディショニング
  • ラウレス-4:安定剤
  • ラウレス-23:安定剤
  • BG:保湿
  • ステアリルアルコール:
  • ベンジルアルコール:
  • 塩化NA:安定剤
  • 水酸化K:
  • 水酸化NA:PH調整
  • 安息香酸NA:防腐剤
  • メチルパラベン:防腐剤
  • カラメル:着色
  • 香料:香りづけ

この製品と近いタイプのシャンプー

【成分解析】サムライウーマン シャンプー

【成分解析】WEN クレンジング コンディショナー アーモンド

【成分解析】エルーカ モイスト&リペア シャンプー