【成分解析】オレオドール ボタニカル オイルリペア シャンプー(ダメージリペア)

成分の解析結果

シャンプーの成分から解析したシャンプーの特徴を紹介します。

解析結果は次の3つに分けています。

  1. シャンプーの特徴
  2. 頭皮ケア
  3. 髪の仕上がり

シャンプーの効果は配合する成分で大きく変わります。

このシャンプーが自分に合うのかしっかり確認しましょう。

シャンプーの特徴

安全性◯ ボタニカル 弱酸性 ノンシリコン アミノ酸 洗浄力普通

頭皮ケア

保湿

髪の仕上がり

しっとり  ダメージケア まとまる ハリ・コシ

注目するポイント

シャンプーで不満が多いのは次のポイントです。

こういった特徴はシャンプーの成分から読み取れるのでしっかりチェックしましょう。

注目ポイント
  • 洗浄力の強さ:強すぎ、弱すぎ
  • 頭皮への影響:乾燥する、ピリピリする
  • 髪の仕上がり:しっとりボリュームダウン、フワッとボリュームアップ

どんな人におすすめか

このシャンプーが合う人と合わない人を紹介します。

こんな人におすすめ

  • 枝毛・切れ毛などの深刻なダメージを補修したい人
  • 厳選オイルでダメージ補修したい人
  • アミノ酸系シャンプーを使用したい人

こんな人には向かない

  • 軽い仕上がりを求める人
    オイルインシャンプーでしっとりとまとまる仕上がりのため、その仕上がりに重さを感じる。

口コミ

実際に使ったことがある人の口コミ評価を紹介します。

高評価の口コミ

  • 何をしても広がりうねっていた髪がさらっさらなのにしっとりまとまるようになった
  • 非常にきめ細やかな泡で、絡みもなくしっとりと洗いあがる
  • シャンプーだけでもしっとりし、まとまりが良くなる

低評価の口コミ

  • 洗い流しても、ヌルヌルした感じがなかなか取れない
  • ベリーの要素が強く香る
  • 抜け毛が酷くなった

製品の特徴

オレオドール(OLEO D’OR)のダメージリペアは、深刻なダメージに悩む髪を、天然オイルで集中的にケアするシャンプーです。

保水力と保湿力の高いアルガンオイルとティーオイルを配合し、傷んだ髪の細部まで浸透させて、健康的は髪へと導きます。

シリコン不使用のため、パーマやカラーをしている人にはおすすめですが、輝くような艶を出したい人には向きません。

気になるきしみを解消し、頭皮と髪のケアができるアミノ酸系シャンプーです。

カラーやパーマによる枝毛や切れ毛、パサつきをどうにかしたい人は、オレオドールのボタニカル オイルリペアシャンプー(ダメージリペア)を使うと良いでしょう。

シャンプーの特徴
  • しっとり滑らかな泡立ち&洗いあがり
  • プロビタミンB5と3種の赤い実で潤い補給できる
  • 髪と地肌に優しいサルフェートフリー処方

成分リスト

このシャンプーに配合してある全成分と効果を紹介します。

  • 水:他成分を溶かし込むベース成分
  • ココイルグルタミン酸TEA:洗浄剤
  • コカミドプロピルベタイン:髪の保護
  • オレフィン(C14-16)スルホン酸Na:洗浄剤
  • PPG-2コカミド:起泡剤
  • ココアンホ酢酸Na:髪を柔らかく保つ
  • グリセリン:保湿、感触向上
  • アルガニアスピノサ核油:保湿
  • アンズ核油:保湿、髪を柔らかく保つ
  • エゴマ油:保湿
  • キイチゴエキス:保湿、美白
  • チャ種子油:保湿・湿潤剤、閉塞剤
  • トコフェロール:エイジングケア、肌荒れ防止
  • ノイバラ果実エキス:保湿、美白
  • パンテノール:肌荒れ防止
  • ブドウ種子油:髪の柔軟、髪の保護
  • ホホバ種子油:保湿、肌荒れ保護
  • ミルシアリアデュビア果実エキス:コンディショニング
  • BG:保湿
  • EDTA-2Na:キレート剤
  • イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油:乳化剤
  • クエン酸:PH調整
  • ジラウロイルグルタミン酸リシンNa:保湿
  • スクワラン:感触向上
  • ポリクオタニウム-10:静電気防止
  • 塩化Na:安定剤
  • サリチル酸:髪を柔らかく保つ
  • フェノキシエタノール:防腐剤
  • メチルパラベン:防腐剤
  • 安息香酸Na:防腐剤
  • 香料:香りづけ

この製品と近いタイプのシャンプー

【成分解析】ラサーナ 海藻 海泥 シャンプー

【成分解析】マシェリ エアフィール シャンプー EX

【成分解析】ベルーガ アミノダメージケアシャンプー

【成分解析】Re:>>>Shampoo [リ:シャンプー]

【成分解析】モイスト・ダイアン エクストラダメージリペア シャンプー