【成分解析】シュワルツコフ BCクア フォルムコントロール シャンプー

成分の解析結果

シャンプーの成分から解析したシャンプーの特徴を紹介します。

解析結果は次の3つに分けています。

  1. シャンプーの特徴
  2. 頭皮ケア
  3. 髪の仕上がり

シャンプーの効果は配合する成分で大きく変わります。

このシャンプーが自分に合うのかしっかり確認しましょう。

シャンプーの特徴

安全性◯ 弱酸性 ノンシリコン アミノ酸 洗浄力普通

頭皮ケア

保湿

髪の仕上がり

しっとり ダメージケア くせ毛対応 まとまる

注目するポイント

シャンプーで不満が多いのは次のポイントです。

こういった特徴はシャンプーの成分から読み取れるのでしっかりチェックしましょう。

注目ポイント
  • 洗浄力の強さ:強すぎ、弱すぎ
  • 頭皮への影響:乾燥する、ピリピリする
  • 髪の仕上がり:しっとりボリュームダウン、フワッとボリュームアップ

どんな人におすすめか

このシャンプーが合う人と合わない人を紹介します。

こんな人におすすめ

  • 広がり・まとまりの悪さを解消したい人
  • うねり・くせ毛が気になる人
  • ダメージヘアが気になる人

こんな人には向かない

  • 髪が硬く、くせ毛が気になる人
    くせ毛、潤い、髪の毛のおさまりに効果が見られなかった。

口コミ

実際に使ったことがある人の口コミ評価を紹介します。

高評価の口コミ

  • 後頭部の膨らみ、うねりがなくなった
  • パサパサの髪が、1度のシャンプーで落ち着いた
  • そんなに高価でなく、コスパがとても良い

低評価の口コミ

  • 商品がリニューアルしてから、別物になったかのように髪が固くきしむ仕上がりになってしまった
  • 泡立ちがあまりよくない
  • 縮毛矯正した部分の髪がピンピンでまっすぐになりすぎてしまった

製品の特徴

シャンプーの特徴
  • クセ毛の構造を科学して作られたシャンプー
  • サラサラでまとまりやすい仕上がり
  • 髪のうねりや広がりが気になる人におすすめ

シュワルツコフ BCクア は、サロンでも使用されているシャンプーです。

髪のうねり、広がりを抑え、まとまりやすくするのが特徴です。

ストレートパーマや縮毛矯正をあてるほどではないけれど、特に雨の日など、髪が広がってしまって、お悩みの方におすすめです。

髪の芯と表面に働きかける、ダメージ補修の成分が含まれています。

パサつきが気になる、乾燥しがちな人に向いています。

泡立ちは、あまりよいとは言えませんが、頭皮はすっきりと洗うことができます。

潤いを与えて、まとまりがある仕上がりなのに、べたつくことはなく、サラサラと柔らかい指通りになると、好評です。

商品名シュワルツコフ
BCクア フォルムコントロール シャンプー
公式サイト schwarzkopf-professional.jp
内容量250ml
値段(税込み)1,800円

成分リスト

このシャンプーに配合してある全成分と効果を紹介します。

  • 水:他成分を溶かし込むベース成分
  • コカミドプロピルベタイン:髪の保護
  • DPG:保湿
  • ラウロイルメチルアラニンNA:洗浄剤
  • アルキル(C14-18)スルホン酸NA:洗浄剤
  • ラウリルグルコシド:洗浄剤
  • 加水分解ケラチン(羊毛):保湿
  • (加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー:髪の保護
  • (ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク:保湿、髪の保護
  • アセチルシステイン:
  • ポリクオタニウム-10:静電気防止
  • クエン酸:PH調整
  • メチルパラベン:防腐剤
  • ジステアリン酸PEG-150:安定剤
  • プロピルパラベン:防腐剤
  • クエン酸NA:PH調整
  • ヒアルロン酸NA:保湿
  • 香料:香りづけ

この製品と近いタイプのシャンプー

【成分解析】ツバキ エクストラモイスト シャンプー

【成分解析】ひまわり ディアボーテ オイルインシャンプー ボリュームアンドリペア

【成分解析】haruシャンプー黒髪スカルプ・プロ