【成分解析】アミノ酸系シャンプー アロマのやさしさ

成分の解析結果

シャンプーの成分から解析したシャンプーの特徴を紹介します。

解析結果は次の3つに分けています。

  1. シャンプーの特徴
  2. 頭皮ケア
  3. 髪の仕上がり

シャンプーの効果は配合する成分で大きく変わります。

このシャンプーが自分に合うのかしっかり確認しましょう。

シャンプーの特徴

安全性◯ 無添加 オーガニック 弱酸性 ノンシリコン アミノ酸 やさしく洗浄

頭皮ケア

保湿 低刺激

髪の仕上がり

ふんわり さらさら

注目するポイント

シャンプーで不満が多いのは次のポイントです。

こういった特徴はシャンプーの成分から読み取れるのでしっかりチェックしましょう。

注目ポイント
  • 洗浄力の強さ:強すぎ、弱すぎ
  • 頭皮への影響:乾燥する、ピリピリする
  • 髪の仕上がり:しっとりボリュームダウン、フワッとボリュームアップ

どんな人におすすめか

このシャンプーが合う人と合わない人を紹介します。

こんな人におすすめ

  • 美しい髪を作る頭皮の健康を大切に考えたい人
  • 5年後、10年後のことを考えてシャンプーを選びたい人
  • 無添加で弱酸性のシャンプー使用したい人

こんな人には向かない

  • オイリーな頭皮環境の人
    洗浄力がやさしめなのでオイリー肌の人にはものたりない。

口コミ

実際に使ったことがある人の口コミ評価を紹介します。

高評価の口コミ

  • 長年の悩みに悩んでいた頭皮の臭いとサヨナラできた。
  • 使い始めはややきしんだけど、使い続けると調子がよい
  • 抜け毛が減り、地肌環境が整ってきた

低評価の口コミ

  • 洗浄が物足りなかったり、髪がパサついた
  • 頭がかゆくて、頭皮と背中と頬にニキビ&湿疹ができた
  • 洗っている際や流す際は爽快感に欠ける

製品の特徴

アロマのやさしさは、頭皮と髪の健康を一番に考えて作られたアミノ酸系シャンプーです。

植物油と精油をバランスよく含み、毎日使い続けることで、しなやかな髪質へと導きます。

硫酸系のシャンプーなどに比べると、泡立ちはあまり良くないため、モコモコの泡を期待している人には向きません。

無添加&弱酸性にこだわり、毎日の洗髪でも頭皮や髪にダメージを与えないように、ph値を6.2に保っています。

低刺激で傷んだ髪を補修したい人には、アミノ酸系シャンプーのアロマのやさしさを使ってみると良いでしょう。

シャンプーの特徴
  • ノンシリコン処方で軽い仕上がり
  • コーティング剤不使用で頭皮のダメージを防ぐ
  • 天然由来の植物保湿成分がたっぷり含まれている

成分リスト

このシャンプーに配合してある全成分と効果を紹介します。

  • 水(精製水):他成分を溶かし込むベース成分
  • ココイルグルタミン酸TEA:洗浄剤
  • ラウロアンホ酢酸Na:洗浄剤
  • ラウラミドプロピルベタイン:洗浄剤、静電気防止
  • コカミドメチルMEA:増泡、泡安定
  • ラウリン酸ポリグリセリル-10:洗浄剤
  • ラウラミノプロピオン酸Na:洗浄剤、静電気防止
  • ココイルアラニンTEA:洗浄剤
  • ラウラミンオキシド:洗浄剤、静電気防止
  • ホホバ油:保湿、肌荒れ保護
  • コムギ胚芽油:保湿、髪を柔らかく保つ
  • オレンジ油:肌の引き締め
  • ローズマリー油:香りづけ
  • ティーツリー油:香りづけ
  • ラベンダー油:香りづけ
  • ベルガモット果実油:香りづけ
  • オニサルビア油(クラリーセージ油):香りづけ
  • グリセリン:保湿、感触向上
  • カミツレエキス(カモミールエキス):美白
  • セイヨウハッカエキス:肌の引き締め
  • メリッサエキス:フケ、カユミ予防
  • セージエキス:抗酸化、殺菌
  • レモングラスエキス:肌の引き締め、美白
  • ユズ果実エキス:保湿、肌の引き締め
  • 乳酸オレイル:髪を柔らかく保つ
  • クエン酸:PH調整
  • ミリスチン酸ポリグリセリル-10:洗浄剤
  • ポリクオタニウム-10:静電気防止
  • BG:保湿
  • 塩化Na:安定剤
  • メタリン酸Na:キレート剤
  • エタノール:溶剤、肌の引き締め
  • フェノキシエタノール:防腐剤

この製品と近いタイプのシャンプー